『ガルパ』開発の指針は“ユーザーファースト”─「Live2D」を活用して豊かなプレイ体験を生む事例を紹介【aliveレポート】(インサイド)

『ガルパ』開発の指針は“ユーザーファースト”─「Live2D」を活用して豊かなプレイ体験を生む事例を紹介【aliveレポート】(インサイド)
[紹介元] インサイド – エンタメ – Yahoo!ニュース 『ガルパ』開発の指針は“ユーザーファースト”─「Live2D」を活用して豊かなプレイ体験を生む事例を紹介【aliveレポート】(インサイド)

ゲーム関連のツイート

K@dousite_k

やや専門的なガルパ講演会レポート。プールイベのりんりんと友希那の接触演出がめっちゃ時間と手間のかかったものだったということが分かって面白い。 『ガルパ』開発の指針は“ユーザーファースト”─「Live2D」を活用して豊かなプレイ体験を生む事例を紹介…

ておりあ👐2/24仙台@_theoria

『ガルパ』開発の指針は“ユーザーファースト”─「Live2D」を活用して豊かなプレイ体験を生む事例を紹介【aliveレポート】 > 早ければ半年や1年でサービス終了を迎えることも少なくないアプリゲーム市場において、現時点で2年近く運営が続いている点だけで見ても つらそう

コメント